Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/freestyle01/superdancer.jp/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 477

人が沸くダンスを作る時で一番大事なダンスの動き それは止まる事

人が沸くダンスを作る時で一番大事なダンスの動き それは止まる事

はい スーパーダンサー養成講座のKAZUです。
ブレイクダンスではフリーズが凄く
重要だと言うことを耳にすると思います。

実際問題で言えば
フリーズが大事と言うのは
ブレイクダンスだけ無く

他のダンスでも凄く重要になってきます。

他のダンスで言うとフリーズは何か?
と言うとポージング
ポーズを決める事が
”決め”
言って凄く重要になって行きます。

 

止まる練習1 ジャンプして止まる

この決めをしっかりする事で
拍手がもらえる所を作りだすことが出来るようになります。

でわ止まる練習をしていきましょう。
まずはジャンプして落ちた時の
止まる練習です。


これが僕が教えているダンスでは
基本中の基本になります。

ジャンプした後
身体は浮かびあがろうとするのですが、
この浮かび上がる動きを我慢して
その場で止まる。
止まる事の意味をしってもらうためにやってもらっています。

止まる練習2 回って止まる

そして次にやるべきことは
回って止まる事が
非常に重要になります。

回って止まるのは
遠心力がついているので、
ジャンプして止まるのと
比べれば非常に難しくなりますが、
凄く大事な事回った後に
キチンと止まる事が出来れば

ある程度以上の
状況で身体を止める事が出来るようになります。

大事なのは
回ってきた後の
足の裏の使い方
呼吸を止める事
手の動き

この三つで止まり方は相当良くなるものだと思ってくださいねー。

止まる練習3 ステップして止まる。

ステップしてから止まる
ステップしてから止まる事は
一番やってても難しいと始めは感じると思うでしょうね?
でもね
実際一番使えるのが
このステップをしてと止まるというものになります。

誰もが出来る動きの
全ての部分が止まれるようになれば
いつでも絵になるダンスが出来るようになります。

ダンスが凄く上手く踊れるようになる為には
こう行った動きをキチンと
練習していくと成果は本当に上がるので、
必ず覚えてくださいねー。

止まるって本当に大事なのです。


実はダンスって研究に研究を重ねて行き
ダンスバトルに何百と出て
何先試合と見てくると解った事は
音にあわせて止まる事

この単純な事が
凄く大事になるのです。
音にあわせて止まるって誰でも
出来そうな事ですが、
誰でも出来る事ゆえに
キチンと出来ない人が多かったりします。
文章で言う
丸のある文章と丸の無い文章の違いのように
止まる事が無い踊りは
やはり起承転結の結が付かないので、

拍手をもらえるダンスにはなるには
少し遠いのではないかな?

終わりがあるダンスと
終わりが無いダンスの違い
そこには大きな違いがありますので、
止まれるダンスが出来るように練習してくださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ