Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/freestyle01/superdancer.jp/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 477

ダンスコンテスト ダンスバトル 親の接し方 お子様をやる気にさせる子供への接し方

ダンスコンテスト
ダンスバトルに自分のお子様が挑戦する時
親の立場としてどうお子様を支える事が良いのでしょうか?
難しいのですよね。

ダンスコンテスト ダンスバトル 親の接し方 お子様をやる気にさせる子供への接し方

親御さんは自分の事ならば解るのですが、
自分のお子様が、
ダンスコンテストで負けて落ち込む姿を
親としてみていて辛い

 

見ているとどういう風に声をかけてよいのか?
解らないんです。
と言う声を多く頂きます。
挑戦する姿
敗北する姿
苦悩する姿

全て子供さんの成長には欠かせないものなのです。
ダンスコンテスト
ダンスバトルに挑戦する
お子様が挑戦する姿を見て
親がどんな風に接していけばよいのでしょうか?

1:ダンスコンテスト ダンスバトルに挑戦する子供を
応援する親が特に気をつけて欲しい事

僕が現役当時に審査していて
ダンスに負けて落ち込んで戻ってくる子供に
親がダメ出ししている光景を良く見ました。
子供の成長のタメに
ダンスを踊っている親が子供のダメ出しをするのは
良いのか?
はっきり言って
全く良くないのです。

親御さんがダンスの事を何もわからないまま言うのは
お子様のその先のダンス人生を狂わせるつもりならば
ドンドン言ってください。

親御さん
あなたは一切踊っていません。
踊ってない人のアドバイスってアドバイスになるのでしょうか?
例えば
運転免許を持っている人が
運転免許を持っていない人に
運転下手だな
と言われたらどうでしょうか?


素直に受け入れれるわけ無いです。

ならば
どんな事をするのが良いのでしょうか?

2:ダンスコンテスト ダンスバトルに挑戦する子供を
応援する親がすべき事

これはダンスだけに限らず
今会社を経営しコンサルティングをしている
自分だからこそ解る人間心理の部分の話です。

話を聞く

リピート客を着ていただく為の
集客戦略なのですが、
話を聞く事が一番大事です。

ダンスコンテストに負けて落ち込むお子さん
お子さん的に

負けて何か自分に身をもって得ようとしているものがあるのです。

 

得ようとしているきっかけを
見つけてあげるのが
親御さんの仕事だと思います。

理想の親の質問方法

:負けて悔しい?

:何故負けたのかな?

:まだ一生懸命出来る部分があった?

:今の自分達になにがたらないかな?

:これからどんな事を補えばもっと上手く行くかな?

答えを持っている
お子様に向けて話を聞く

お子様の中で出す答えを導きだすタメに耳を傾ける

マーケティング的に言うと

パレートの法則を使い
2質問 8聞くに徹してくださいね。

 

 

ダンスに年齢関係なく
踊っているプレイヤーが全ての答えを持っているので、
親御さんはわが子だと思うだけでは無く
1人の人だと認識し
1人の本気でアスリート

 

と思って接してあげてください。
本気でダンスで何かを得ようとしているお子さんに
対し本当に親御さんが
お子さんの成功をお子さん以上に信じて
上げてください。
色々な話を聞いて上げた後
こんな一言をお子さんにお伝えすると
お子さんはもっともっと成長できますよ。

『あなたは、親の自分達を想像できない可能性があるから
もっともっと沢山挑戦し沢山失敗してもいいから
自分が納得出来るように一生懸命やりなさい』

 

『あなたは、自慢の子供なので、絶対出来ると
私は信じてる だった私達の子供だから』

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ