Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/freestyle01/superdancer.jp/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 477

ヒップホップダンス初心者が独学で練習する方法

今回はヒップホップダンスを独学で上達し
上手くなるポイントをご紹介させていただきますね。

 

ダンスは独学でも上手くなりますか? という質問を多く頂くのですが、
上手くなればなるほど独学で上手くなれるものです。

ヒップホップダンス初心者が独学で練習する方法

独学でダンスの練習をすると
変な癖がつきやすいとか
思われるかも、解らないですが、全く持って大丈夫です。

 

今はスマホがあるので、
独学で踊ってすぐに確認しながら
ダンスの練習ができるので、
全く問題ない事ですよ。


むしろ僕自身
ダンスを始めた時のダンスやっていた人は、
情報がない中
独学でダンスを学んでいたので、全く問題ないです。
なぜ?
そんな事を言い切れるかの?
と言いますと、
ダンスの動画をYoutubeでいくらでも見る事が出来るようになったからです。

ダンスの動画を見る

自分でダンスの練習を始める

体で覚える

音楽に合わせる

動画を撮影し確認する

この流れで踊れば問題ありません。

ヒップホップダンス上手く踊れているのか?重要になるポイントです。

ヒップホップダンスを上手く踊れている事を確認してほしい事
それは、リズムトレーニングで音を聞けるよういなる事

そしてアイソレーションが大事になります。

ヒップホップダンスのリズムトレーニング

 

ヒップホップダンスの基本になるのは
ダウンのリズムです。
ヒップホップダンスの音楽は
ゆっくり流れる音が多いので

出来るだけ深く出来るだけ大きく
ゆったり体全体でダウンする事が
大事になります。

 

手拍子の叩く時のタイミングで
体を下げて
音に合わせてダウンする。
ダウンがカッコよくなると
ダウンから派生して広がっていくのです。
ヒップホップのダンスの基本のステップ
・ランニングマン

・ロジャーラビット

・クラブステップ

・サイドステップ

などになります。
音楽を聴いてダウンして
そこからヒップホップダンスの
ステップを踊っていくのが良いですよ。
動きとして踊れないのは
経験値が足りない始めだけ
初めは何度も挑戦しても
失敗する事だと思います。

ダンスに使うアイソレーション

ダウンが膝を曲げる事でできるようになったら
次にもっとダウンを上手くするのが
アイソレーションです。
首 肩 腕 肘 足 腰 胸 など
体の各部分を単独で動かす練習になります。 

 

アイソレーションは
ダンサーの中の用語では
アイソレって略されるようになりますね。笑

 

ダンススクールでは
基本ストレッチの次にアイソレを行います。
アイソレが上手くできる人は、やはり
上手くダンスを踊れるようになるのですが、
アイソレ自体
コントロールができるようになれば
それだけでダンスとして見せる事もできるようになりますので、
大事な事はアイソレも立派にダンスとして見せる事が出来るので事を
念頭に置いて練習してくださいね。

アイソレの効果

:ダンスのステップの中にアイソレをすると基本性能があがるので
パワーアップしてカッコよくなる

:アイソレ自体で踊る事でダンスの幅が広げる事が出来る
独学で踊る場合は
アイソレの
存在を知らない事があるのです。
僕もアイソレを知らずにダンスを踊っていたのですが、実際は
ステップやダンスムーブを覚える時と同じように、アイソレも後から覚えたので、
キチンとできてなかったとしても
今からコツコツ覚えて行けば良いですよ。
ちなみにアイソレが入る踊りと
アイソレが無い踊りは
躍動感が違います。
ヒップホップダンスで凄く
重要になる躍動感はアイソレを
入れる事で、あなたのヒップホップダンスは
カッコよく 黒く (ダンス用語で最大のかっこいいと言う意味の言葉)になるでしょうね。 


ヒップホップは初心者がすぐに
ダンスとして形を学べる最適なダンスです。

ヒップホップダンスは
今からダンスを始めると言う人
ダンス初心者の方からすれば
最適なダンスです。
音楽はYoutubeでかける事が出来ますし
動画があれば
ダンス自体もマスターできます。
最近はキッズの中でダンスが流行っていますが
主婦の方
年配の方
様々な年齢の方がダンスを楽しむ方が増えているのでは無いでしょうか?

Youtubeでダンスを覚える時の注意点

Youtubeで無料でダンスをならう事は
出来るのですが、
注意が必要な事は
Youtubeで覚えるダンスには順番が無いんです。
ヒップホップダンスを覚えたい人が
気がつけば
ハウスダンスのステップを覚えているかも
知れません。
後々はダンスが上手くなった時には
全く問題ないのですが、
ダンス初心者の方が
初めに色々なダンスジャンルを混同されると
何を踊っているのか?
解りにくくなるのでは?ないでしょうか?
家でダンスの練習をするのは
こんなダンスの動画がオススメです。
ヒップホップダンスを初心者が
家にいて
独学で学び練習するには
27日ヒップホップダンス上達プログラムが
おすすめです。

 

何がおすすめだと言うと
解りやすい事もあるのですが、
ヒップホップダンスが一つの
DVDにまとまっている事
色々な情報を調べて身につけて
そして踊る
となると中々
ダンス初心者の方が
情報を集める事は
難しいと思いますので
是非こう言うダンスのDVDで
学んでみる事をおすすめいたします。
注意点は
できない事
わからない事は
初め沢山出てくると思います。

 

でもね
諦めずにダンスステップの一つの一つ成り立ちから
覚えて行けば
必ずダンスが踊れるようになりますので、
ダンスを踊りたいと言う気持ち通り
諦めずに挑戦してくださいね。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ