Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/freestyle01/superdancer.jp/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 477

ダンスのキレとは?どうすれば手に入るのか? 3つの筋肉の質の話

 


ダンスで大事になってくる
体のキレのつけ方についての
どうやったら身体にキレがつくのでしょうか?

体のキレを出すトレーニングとは?
どんなトレーニングをすれば良いのでしょうか?
トレーニングは
簡単です。

 

ダンスのキレとは?どうすれば手に入るのか? 3つの筋肉の質の話


一生懸命ダンスの練習をすれば良いだけです。

一生懸命のダンスで体のキレが出るのか?
と言われると何それ?
って感じですよね?

どんなダンスの練習をすれば良いのか?
具体的な練習を掲載して行きますね。

筋肉には三つの種類の筋肉があります。

赤筋
白筋
ピンク筋肉

赤筋
赤い筋肉と言うのが
一般的に持続力を持つ筋肉と言われています。

競技で言えば
マラソンが代表的です。


長い時間身体を動かせる事が大事な筋肉になります。
ただはっきり言いますと
ダンスにはそれほど長く踊る筋肉は
必要なかったりするのです。
(長時間効率の良い練習する時は必要ですが)

 

ダンスでは
大々的な1チームでの大きな舞台の
SHOWケースでない限り長時間踊る事は無く
どちらかと言えば
3分~5分ぐらい踊る事になるのです。
実際マラソンのように
3時間とかの時間を踊る必要はないのです。


多くのダンサーで上手くなったと言う成果が上がりにくい人は
長い練習場所にいて
長い時間踊っていれるだけの
練習内容になるのです。
赤い筋肉をトレーニングしている
ダンスの練習をしていることになっているのです。

 

赤筋は体のキレを作る為にはそれほど必要ではありません。
でわ次は白筋です。

 

白筋とは
瞬発力の筋肉の事を言います。


瞬発力がある筋肉とは
100メートルダッシュ

宙返り


一瞬で身体を動かす為の筋肉なのですが、
この瞬発力のある筋肉が体のキレを生み出す筋肉になるのです。

 

実はこの瞬発力のある筋肉つける事が
ダンスの体キレをつける動きになるのです。

 

ダンスのキレをつけるタメに必要なトレーニング

・ダッシュ
ダッシュのするのが一番体のキレを作るには一番です。

ダンスバトルなどを考えて下さい。
踊る時間は1分以内で体のキレを作るので、
一番は400メートルダッシュです。


ダンスバトルで踊っている時間を想定しているので、
このぐらいのダッシュを5本とかを1週間に2回入れると
1ヶ月で全く体のキレは変わっていきます。

 

走ることが出来ない人はこちら
・おもっきり踊る
体の中で全力で踊る事が体のキレを作るのには超大事です。
普段の練習のさい一つのステップ

一つの動きを使えるだけ力を使って踊って行くようにしてください。
まずはこの事がスタートになります。

例えばランニングマンだとしても
力一杯大きく深く沈みこむように
全身を使ってダンスを踊ってください。


こういう普通の練習の中で
体のキレや普段当たり前に出来るを
見直して練習することが

ダンスの上達をふまえたダンスのキレを向上されることにもなるのです。

赤筋
白筋が解れば
最後にピンクの筋肉についてです。

ピンクの筋肉とは


赤い筋肉の持つ持久力
白い筋肉の瞬発力を兼ね備えた
両方の筋肉の混ざり合ったものが、ピンクの筋肉と言うものがあります。

このピンクの筋肉を多く増やす事が出来る事がなによりも
必要でピンクの筋肉が多くある
長時間 体のキレある状態で
ダンスの練習をしていく事が出来るようになるのです。

 

ピンク筋肉を増やす為には
高負荷低回数トレーニングを行いながら
セットの最後に負荷高回数セットを作ってあげる工夫が必要なのです。

簡単に言うとダンスの練習で踊った後に
早い腕立てとかダッシュみたいな運動を入れてあげると
良いと思ってください。

 

ダンスバトルや
ダンスコンテストは
持続力のある運動の方のダンスと
瞬発力のあるダンス
両方をこなさないとダメになる事があるので、
ピンクの筋肉は必須になります。

あなたは、ダンサーとして
キレのあるダンスをしたいと思うのならば
練習の時から
手を抜いた練習をせずに
踊れる一瞬一瞬を集中してダンス踊ってくださいね。

 

参考に一切ならない筋トレです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ