Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/freestyle01/superdancer.jp/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 477

ダンス 振り付け 5つ覚え方をマスター出来る簡単なコツ

ダンスの振り付けのコツさえ掴めば誰でもダンスルーティーンマスターできる

ダンス 振り付け 5つ覚え方をマスター出来る簡単なコツ

ダンスの振り付けが苦手なんです。
ダンスルーティーンが覚える事が出来ないのです。

ダンスのレッスンに行って数を踊れば
たくさんの踊れば踊れるようになるのは
わかるのです。
でもダンスルーティーンを
覚えるまでにやるべき事ってあるのですか?

あればダンスの振り付けを
覚えやすくなるコツを教えて欲しいのです。

ありますよ。
その前に一つ
ダンスの振り付けはダンスルーティーンと言う言葉で
振り付けの事をルーティーンと言うのです。
文章の中で混同していてわからなくなっていましたね。
ダンスの振り付けを覚えるって
考えてください。
ダンスの応用がダンスの振り付けなのです。

ダンスの振り付けを覚えるための5つのコツ


:基本ステップを理解する
:細かく踊る部分を分けて覚える
:振り付けの流れで覚える
:覚えているステップの量を増やす
:振り付け自体を覚える数を増やす

あなたが自分で踊っているダンスのジャンルの基本ステップを理解する

僕達は振り付けを踊る時には
初めに
左からトップロック左右して
ジャンプしてポーズを8終わりまで待って
フットワークに入って6歩 3歩二回して
チェアーして終わって

こんな感じの会話で
振り付けが出来上がる事って珍しくないのです。

なぜ?
そんな事ができるのか?
それは簡単で、振り付けを踊る為の
元あるステップを理解しているので、

言葉だけで大体の振り付けが出来上がります。
ダンスの振り付けを覚える事が出来ない人は
自分の踊っているダンスジャンルのステップや
動きが理解できていない。

振り付けを構成する一つの一つの
ステップが理解できていない

この部分だと思います。
ダンスの振り付けは、
一つ一つのダンスの基本のステップの繋ぎ合わせた
集合体


振り付けを覚える前に
振り付けを作り上げるための
基本のステップをきちんと理解しておく事出来れば
基本から応用への展開は
それほど難しいものではなくなりますよね?
ただ基本の理解ができていない状態だと
応用を習っても基本の理解度が低いので、
やはり解らない部分は解らないままなのです。

まずは基本を覚えましょう。
そして応用に活かしましょう。

 

:細かく踊る部分を分けて覚える


ダンスの振り付けで大事な事
全体を把握して細かく分けて覚える。

この覚え方は
歌の覚え方に似ていると思ってください。
歌で言えば
まずはサビから覚えたり覚えやすい部分から
覚えたりしませんか?
これと同じなのです。
まずは覚えやすい部分を覚える
覚えやすい部分だけが覚えることができるだけで
自分的にも進歩している事が理解できますよね?

この理解できている事が
すごく大事になり。

理解できている部分があれば
理解できている部分を増やすそうとするので、
まずは解る所を初めに覚えてしまいましょう

 

:全体的な流れで覚える


覚えやすい部分を先に覚えたら
覚えやすい部分の前後を覚える
前後を覚えたら
次は覚えにくい部分を覚える
そして全体の流れを覚える
と言うように
ダンスの振り付けが100パーセントあるとすれば
一つ一つの区切りを5パーセントづつ覚えて行くだけなのです。
なので、全体の流れを覚えたら
あとは足らない埋まっていない部分をきちんと補う
この流れで、覚えて行くと凄く良いと思います。

大まかに覚えて
細かい部分に目を向ける。

覚えているステップの量を増やす

ダンスレッスンは
ジャンルでくくりますが、
ダンスはジャンルの垣根を超えて
あなたが、踊っているジャンルとは
違うステップも混ざる事が
多々あります。
例えば
ウェーブはpoplinやブレイクダンスなので、
ヒップホップでは無いと言えば
ヒップホップでは無いですが、
今では当然のようにヒップホップに入っていますよね?
実は他にも沢山あるので、
ステップ自体をジャンルだけでくくるのではなく
様々なステップを知っていれば知っている程
踊れる幅が増えます!!

覚えているステップの知っている量を増やす事

ダンスレッスンは
ジャンルでくくりますが、
ダンスはジャンルの垣根を超えて
あなたが、踊っているジャンルとは
違うステップも混ざる事が
多々あります。
例えば
ウェーブはpoplinやブレイクダンスなので、
ヒップホップでは無いと言えば
ヒップホップでは無いですが、
今では当然のようにヒップホップに入っていますよね?
実は他にも沢山あるので、
ステップ自体をジャンルだけでくくるのではなく
様々なステップを知っていれば知っている程
踊れる幅が増えます!!


:ダンスの振り付けを覚える量を増やす

最後は慣れですね。
やはりダンスの振り付けを覚えやすい人は
覚えている量が、圧倒的に違います。

なんでもそうだと思うのですが、
好きこそものの上手なれ
ダンスルーティンを覚える事自体が
楽しく好きになれば
できないと思っていた事もなくなりますよね。

ダンスの振り付けが覚えれないと
いう人は苦手と前段階で決めてしまうだけで
実際は、上記の事をキチンとこなしていけば
覚える事ができるようになりますよ。

難しいのでは無く
圧倒的に経験値が少ないだけなので、
経験値が増えたら
なんでもこなせるようになるのです。

ダンスの振り付け ダンスルーティン
作り上げているのは
一つ一つのステップと
ステップ同士の動きをつなぐ応用
ステップの知っている量を増やす事

まずは入り口はこんなことかもわからないので、
ドンドン踊って覚えていき
先に進めて下さいね。

 

 

全ては一つ一つの事に対しての
量を増やす事
量をこなす事で質があがります。

質をあげる為には量をこなすので、
良質になるのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ