Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/freestyle01/superdancer.jp/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 477

練習が外で出来ない時も家でも出来るダンスの練習方法 実はこの練習が1番重要

ダンスが踊れない時でも
家の中でダンスの練習はできるのです。
どちらかと言えば僕的には家の練習が凄く大事です 

 

 

自分のダンスのへの考え方
ダンスを踊る練習では補えない事
新しい発見など色々な所で要素があるのです。

 

 

ダンスの練習場所に行って
踊るだけは、楽しくは踊れても
本格的なレベルアップはできません。

 

 

本格的にレベルアップスル為には
自分のやりたい事を明確にする
心の部分自分のダンスが上手くなる為の戦略図が必要になるのです。 

 

 

戦略図だけではなく
あらゆる事を家の練習でやっていきましょう。

 

 

1:自分好みのダンサーの動画を見つける。


あなた好みのダンサーの動画の見つけた方は
又別でお伝えしますねー。

 

僕的に自分好みの
ダンサーを見つけるって最重要です。

 

 

まずは自分の知らない世界に目を向けて
自分がなりたい自分を作る為の、基準になる人を見つけてください。

 

 

すべての成長に必要なことは
学びです。
学ぶの語源は人のモノマネする事

真似るが学ぶの語源になっているのです。 

 

 

自分好みのダンサーを見つけて
真似していく事が、まずは自分作りの方法だと思って
自分の未来のダンス像の設計図を作り上げて下さい。 

 

 

自分がこんな事をやりたいと思って
練習場所で練習すると
いずれ練習している動きは手に入りますよね?

 

 

 

なので、未来の自分のレベルアップの為には
自分好みのダンサーを見つけ
真似したいと思える人を探し出す事は
家でダンスの練習できない時にやってみたらどうでしょうか? 

 

 

2:自分が踊りたくなる音楽を見つける


ダンスを踊る上で1番大事な要素なのだと思います。

 

自分の好きな音楽 踊りたくなる音楽を見つける
マジで、この好きな音楽や踊りたくなる音楽を見つける事ができる事は
凄く重要です。

 

過去自分が踊っていて練習に飽きるのは、
練習で使う音楽がマンネリ化してくると飽きるのです

 

又この曲 同じ曲ばかりと言う感じがマンネリ化して行くのです。

例えば
同じおかずが毎日 毎日 1ヶ月続くとうんざりしますよね?

 

これと一緒になります。

 

空いている時間は
好きな踊りたくなる音楽探しに没頭してもらう事
実は自分が踊りの練習をして行く上で
超絶重要なあなたのテンションを上げる材料になります。 

 

3:体のアイソレーション

アイソレーションって実際
体を動かす上で重要な事なのですが、
考えて下さいね。

踊る場所
そんなに必要ですか?

畳1畳いらない
立ち上がる事さえできれば
実際どこでも練習できます。

 

アイソレーションで基本の動作が
動かせるようになったら
凄い早いテンポでやってみたり
ワンエイト使ってやってみたりしてください。

 

アイソレーションできるようになったら
アイソレーションを使いこなせるようにして下さいね。 

 

4:柔軟の練習


柔軟って柔らかくならない人は
柔らかくならないのではなく
柔らかくするための絶対的な努力が足らないだけです。  

 

例えばダンスのレッスンで柔軟をしているけど
体は柔らかくなりません的な事を言われても
それだと絶対的に努力の量が少ないですよね? 

 

でわなく
努力の量を増やせば
必ず柔軟は柔らかくなるので、
できるだけ時間の空いている時は
柔軟をするようにして下さい

 

 

一日に
テレビを見ながら10分とか
毎日やると開脚とかは見てる間に柔らかくなります。 

 

5:筋トレ


これは他のブログとか書いている人を見ていると
筋トレがダンスに絶対に的に大事みたいな事を書いている人がいます。

大事といえば大事ですが、ここ勘違いしたらダメなのが、
筋トレとダンスの練習は比例していないと言う事です。
(ブレイクダンスは別です。)

 

家で腹筋と腕立て伏せを、ダンスの練習ができないから
20回 3セットやった
ダンス上手くなったと言う風にはなりません。 

ただダンスを踊る上で
大事になる部分が筋肉的な問題だったりする事もあるのも
事実です。

 

でわ筋トレの位置付けは
ダンスが踊れない時の補助
上手く踊れた時にダイナミックに踊る為の加点
と思って下さい。

 

筋トレがダンスの練習で大事かと言うよりも
ダンスを上手く踊れるようになる為には
ダンスを踊る練習が何よりも大事です。

 

家でできるダンスの練習まとめ

ダンスの練習は、1番良いのは
練習できる場所で練習する事が大事です。
ただダンスの練習には
ダンスが上手くなる為の自分への考え方を作り上げた上で
練習した方が上手くなるのであるのです。

 

自分が踊りたい曲を見つけてきて踊った方が
テンション上がるのであるので、
家でできる練習が凄く大事になってくるのも事実です。

 

誰もが努力する
ダンスの練習場所での練習

 

あなたも練習していると思いますが、
周りのレベルと差が空いてします理由

 

ダンスの練習場所だけの努力より
ダンスの練習場所以外の
努力 考え方 自分自身の未来への指針の差が
周りとの差を生んでしまうのです。 

 

どんな事でも
自分のダンスの為だと思って行動すれば
必ずダンス上手くなるのです。
いつでもどこでも自分のダンスの為だと思って
自分の受信できるアンテナを磨いておいて下さいねー。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ