Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/freestyle01/superdancer.jp/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 477

ダンスで音が取れない人 明確な理由 音がとれるように直す方法

どうも楽しんで頂けてますか?
大阪平野区でダンススタジオをやっておりますスーパーダンサー養成講座のカズです。

ダンスで音が取れないのです。

どうやって音を取れば良いのか?
わかりません。

こんな悩みをよく聞きます。

なぜ音が取れないのか?
簡単な事です。

ダンスで音が取れない人 明確な理由 直す方法

ダンスステップを音とあわせて踊る練習をせず
いきなり覚えたダンスステップを応用から始めるからです。

 

あなたが音が取れないとすればこんな感じではないでしょうか?

 

踊るための新しいダンスステップを発見し
ダンスステップを覚えて
覚えた動きをいきなり音楽かけて応用で踊る。

これだと音にあわせて踊れなくなるのは
必然です。 

 

踊れるダンサーも新しい動きを覚える時は動きだけをまずは覚えます

 

新しい動きを覚える時は
音に合わせる事は、始めは動きを覚えるという目的を持っているので
動きを覚えるまで無視!!

覚えるスピードの差はあったとしても
ダンスステップ動きを覚える
ダンスステップと音にあわせる

別々の順序で行います。

人は基本2つの事を一気にできないのです。

・動きを覚える

・覚えた動きを音楽に合わせる

どんな上手いダンサーでも
別々に一つ一つクリアーして行くのです。

 

音が取れるダンサーになる人の特徴は

1・覚えたいダンスステップを反復練習する

2・反復練習したダンスステップを音楽と共に反復練習する

この2にあたる部分が抜けている人が多いのだと思います。

 

ダンスステップ一つの動き方を覚える

音楽に合わせてダンスステップを踊る事

これがダンスを踊る上での
音楽に合わせたダンスを踊るの基本になります。

 

動きを覚えて
いきなり応用で音楽の中で踊ると
自分の感情やテンション任せになってしまうのです

あなたがもし自分が音が取れない
苦手だと思う方は

覚えたダンスステップを音に合わせる

 

この二つを必ず守るようにしてくださいね。
基本ができるようになれば応用は必ずできますので、
ご安心くださいね

音がとれないと悩んでいるダンサーは
音が取れないのでは無く
音が取れるように踊る練習をしていないだけです

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ