Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/freestyle01/superdancer.jp/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 477

自分のダンスの教科書の作り方 理想のダンサーを作り出す方法

 

ある一定のレベルのダンスの上達は
知らない事を覚えて行けば
確実に覚えて上手くなる事が出来るようになります。

 

今よりも別次元のダンスのステージで
バトルと言う意味では無く
ネクストステージで戦う為には、
理想のダンサー像をつくり
めざして行く事が重要になってきます。

自分のダンスの教科書の作り方 理想のダンサーを作り出す方法


好きだと思うダンサーを
ダンスバトル ダンサーを検索を調べてください。

10人ぐらいのダンサーを
ピックアップして好きな部分を抜き出すのが
良いですよ。

そして10人ピックアップした
ダンサーのどの部分が好きかを
認識してください。

 

好きなダンサーがいたとしても
全ての部分が好きで凄いと思うのか?
と言うと他のダンサーのこの部分も好き
とかあっても良いと思います。

できればこんな感じでお願いします

自分のダンスの教科書の作り方

1 ダンサーの足の動きが好き
2 ダンサーは首の動きが好き
3 ダンサーは躍動感が良い
4 手の動きが好き
5 重さが好き
6 不思議な感じが好き 

 
様々なダンサーの良い部分と
あなただけの感じる部分を抜き出す事で
大体の自分のダンスの理想像が出来上がるわけです。 

 
自分の理想が大体で目に見えると
自分の中で大体の感覚が掴めるようになりますよね?

 

 

超重要な事です。

1人のダンサーを真似すると
パクったという事になります。

でもね。
多くのダンサーの良い部分だけを
抜き出して合体させる。

パクリにはならなく様々な
あなただけの理想像のダンサー像が出来上がるのです。

理想像が解れば
自分だけのダンスのこれから進むべき教科書が出来上がるわけです。

自分の理想像が出来上がれば次にすべきこと

学ぶという事の
語源は
真似をする
真似ぶから来ております。
だからこそ
まずは自分だけが
理想とするダンサーの真似を出来る
自分の未来のダンサー像への素材を集めてください。

 

 

素材を集めたら
素材を研究して
本当に自分が良いと思う部分を
徹底的に問いただしてください。 

 

すると自分の中の
理想のダンサー像がより鮮明で
明確になりますので、
鮮明になった部分から
明確に正確に練習して
手にいれる努力をしてください。

 

 


始めに言いましたが
ステップを覚える
動きを繋げる練習は
ダンスを始めた人が初めの上手くなるための練習です。 

 

 

次のレベルに上がる為には
このようになりたいと明確に自分だけのダンス像

自分の次へ進む為の教科書を作り上げる事が
必ず必要になりますのです

必ず今よりも自分のダンサーとしてのステージに上げる為には
ステージを上げる為の道しるべである
自分の理想像を作り上げてくださいね 

 

理想のダンサーを見つける為の検索はこちらを参照ください
↓↓↓
世界中のダンスバトルを検索する方法 今よりダンス上達のタメに

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ